横浜国立大学オープンアクセス方針

横浜国立大学では、本学の教職員に対し、教職員が公的資金を用いて行った研究の成果である論文をインターネット上で公開することを求める、オープンアクセス方針を策定しました。
本学の教職員はオープンアクセス方針施行後(平成30年4月1日以降)に発表された学術論文等はオープンアクセスとするか、オープンアクセス化できない場合はその旨を申し出ることとなります。

横浜国立大学オープンアクセス方針
横浜国立大学オープンアクセス方針実施要領

対象
以下を満たす研究成果が方針の対象となります。

・オープンアクセス方針施行後(平成30年4月1日以降)に発表された
・横浜国立大学に在籍する常勤の教職員が著者となっている
・学術論文等(学術雑誌論文、会議発表論文、紀要論文)

※方針の対象ではない研究成果も、オープンアクセスでの公開にあたり引き続き本学リポジトリをご利用いただくことが可能です。

オープンアクセスの方法
方針の対象となる学術雑誌論文等は、以下に類するいずれかの方法でオープンアクセスとしてください。

・横浜国立大学学術情報リポジトリで公開する
・オープンアクセスジャーナルで公開する
・他機関等の機関リポジトリで公開する

適用の例外
著作権等のやむを得ない理由により公開が不適切と判断する場合、申請によって公開の免除を申し出ることができます。
(理由例)
著作権者の同意が得られない。
個人情報等を含む内容のため、インターネット上での公開がはばかられる。
著作権を出版社に譲渡しており、あらゆる版の公開が許されない

※免除については「公開」の免除となります。
やむを得ない理由がある場合においても該当の論文については著者最終稿の提供をお願いします。

【適用例外申請方法】
書面、または申請フォームより申請してください。

<書面>
以下の様式にご記入の上、該当論文の著者最終稿のファイルを合わせて 
研究・学術情報部 図書館情報課 機関リポジトリ担当

ir-admin[at]ynu.ac.jp
([at]を@に置き換えて下さい)
まで送付してください。
オープンアクセス方針適用例外申請書 WORD / PDF

<申請フォーム>
以下のフォームより申請ください。
※Office365(@ynu.ac.jpのアカウント)へのログインが必要です。
オープンアクセス方針適用例外申請フォーム
申請後に送信されるメールへの返信で、該当論文の著者最終稿ファイルのご提供をお願いします。

学術論文等の提供
学術論文等を横浜国立大学学術情報リポジトリで公開する場合、共著者がいる場合は共著者の同意を得た上で、論文等の電子ファイルを
研究・学術情報部 図書館情報課 機関リポジトリ担当

ir-admin[at]ynu.ac.jp
([at]を@に置き換えて下さい)
まで送付してください。
著作権が出版社・学協会にある場合、図書館で条件等を確認いたします。
※電子ファイルをお持ちでない場合は冊子等の紙媒体をご提供いただければ図書館で電子化いたします。
※公開禁止(エンバーゴ)期間が定められている場合、指定日以降にファイル公開するよう設定して登録いたします。

 

お問い合わせ

横浜国立大学 
研究・学術情報部 図書館情報課
機関リポジトリ担当

ir-admin[at]ynu.ac.jp
([at]を@に置き換えて下さい)

 

本学研究紀要等